シラタマカズラ (白玉葛)  

アカネ科 ボチョウジ属
Psychotria serpens


蔓から吸着根を出し、木の幹や岩上を這う常緑の低木。全株無毛で小枝は丸く径1〜1.5mm。
葉は対生で卵形〜楕円形、 長さ1〜5cm、鈍頭でやや肉質。花冠は白色で長さ4〜5mm、先は5中裂する。核果は球形で白色。分布は南九州以南、沖縄各島。開花は5〜6月。

国頭村(左) 2013.12.9  (右)2013.6.23

初夏に白い花を咲かせる。
国頭村(左) 2008.6.15  (右)2013.6.23









(左 斑入りの葉)国頭村2006.12.30        (右)今帰仁村 2016.12.21

トップへ戻る


inserted by FC2 system