シオカゼテンツキ

カヤツリグサ科 テンツキ属
Ficus ampelas

海岸の岩場、砂浜、その近くの草地でみられる多年草。全体が無毛、小型でやや叢生し、短い根茎を持つ。
有花茎は高さ15〜40cm、平滑で硬く、光沢がある。葉は線形、扁平、辺縁は内曲し、幅1.5〜3mm。 基部の鞘は褐色〜濃褐色。
花序は散房状で多数の小穂がつく。小穂は卵形〜長楕円形、長さ3〜6mm、褐色、 5〜15個の花をつける。
鱗片は広卵形、長さ3〜5mm、褐色。痩果は長さ0.8〜1mm、黒褐色、柱頭は2岐する。 花期は7〜12月。


恩納村 2014.9.7

恩納村 2014.1.15

恩納村 2014.9.7


小穂は長楕円形、又は卵形、長さ3〜5mm、幅2mm。(左)
痩果は倒卵形、黒褐色、長さ1mm以下、花柱は長さ1.5mm、中央まで
2岐する。(右)

恩納村 2014.9.7

海岸の隆起サンゴ礁の隙間で、繊維状になった根茎の大きな塊が残ったままの姿が見られた。 (上部はハマエノコロ)
読谷村 2015.8.6

トップへ戻る



inserted by FC2 system