シマユキカズラ

アジサイ科 (←ユキノシタ科) イワガラミ属
Schizophragma viburnoides

岩の上や、樹幹をよじ登る常緑低木。長さは15mに達し、全株無毛で褐色の小枝を多数分岐する。葉は対生で1〜3cmの葉柄があり、 披針形〜倒卵状長楕円形で先は尖り基部はくさび形。
若い葉には鋸歯があります。 夏には茎頂につく円錐花序に白色の花を密につけます。
分布は奄美、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島。開花は7〜8月

国頭村 2012.11.16

鋸歯のある若い葉はやんばるで時々みかけていましたが、こんなに大きくなった姿は
想像していませんでした。 今度は夏に咲く白い花を探したいです。
国頭村 2012.11.16

(左)山の中で良く見かける若いには鋸歯があります。 (右)果実
(左)国頭村 2013.10.17  (右)西表島  2013.10.29

国頭村 2015.7.14

国頭村 2015.8.8

国頭村 (左、中)2015.8.8  (右)2015.7.18

トップへ戻る

inserted by FC2 system