シマウリノキ (島瓜木) 

ミズキ科 ウリノキ属
Alangium premnifolium

山地、又は林縁に生える落葉性の低木〜高木。高さは2〜15m。枝は無毛又は伏毛がある。
葉は互生、単葉、歪んだ倒卵形〜長楕円形、長さ10〜15cm、幅5〜10cm、先は短く尖り、基部は左右非対称。
花は葉腋に2〜4個の集散花序を作り、白色、花弁は7枚、広線形、長さ約2cm、雄しべは7個、長さ約1.8cm。
核果は楕円形、長さ8〜12mm、幅約5mm。分布は九州南部〜沖縄。花期は5〜6月。

名護市 2012.4.26

名護市 2012.4.26

(右)樹皮は浅く縦にすじが入る。
名護市 2012.5.23

花弁は線形、7個あり、外側に巻く。
名護市 2012.5.23

国頭村 2017.6.5


トップへ戻る


inserted by FC2 system