シマシュスラン(島繻子蘭)

ラン科 シュスラン属  
Goodyera viridiflora



山地常緑樹林下に生える高さ8〜20cmの常緑多年草。茎は初め匍ふくし、その先で立ち上がる。
葉は互生で斜卵形〜狭卵形、3〜5個、長さは3〜4cm、先は尖り、基部は円形で短い柄があり、縁に細い皺がある。
茎頂に出来る総状花序には1〜3個の花を咲かせます。花は赤褐色を帯びた緑色で、たまに、緑花もみられます。
唇弁は斜め上向きに立ち、側弁は強く下向きに反り返って咲く。分布は九州南部〜琉球。開花は10月。

国頭村 08.10.19

下右の8月23日から約2ヶ月で花が咲きました。
国頭村 08.10.19

花のアップです。ユニークですね。



国頭村 08.10.4
根はほふくしてその先が直立して葉をつける。
葉は卵形で3〜4枚付き葉脈の模様が目立つのもある。

国頭村 08.8.23


新しい自生地の確認
国頭村 2017.7.16

トップへ戻る





inserted by FC2 system