シマソケイ(島素馨)

キョウチクトウ科 ヤロード属(←シマソケイ属)
Neisosperma iwasakiana


海岸近くの林内に生える高さ3〜6m位になる常緑亜高木。
葉は3〜6枚輪生し、革質、広倒卵状ヘラ型で長さ7〜20cm、光沢がある。
枝先に花序を出し、白色の花を多数つけ、花冠は多肉質、径約1cm、長さ3mmの筒部があり、5裂して平開する。
果実は楕円形で長さ6〜8cm、黄橙色に熟する。
分布は宮古島、伊良部島、石垣島、西表島。開花は3〜5月。

西表島 2010.6.4

白い花は1cm位と小さめ。
西表島 2010.6.4

西表島 2011.7.24
トップへ戻る

inserted by FC2 system