シマサルナシ(島猿梨)
ナシカズラ

マタタビ科 マタタビ属
Actinidia Actinidia rufa  

山地林縁に見られる大型のつる性の落葉藤本。若葉、花序、萼に赤褐色の柔毛を密生する。
葉は互生し、楕円形〜長楕円形、長さ6〜13cm、幅4〜8cm、先が尖り、基部は心形〜切り形。縁には鋸歯があり、表面は光沢があります。
花序は小枝の中央付近の葉腋に生じ、萼片と共に赤褐色毛が密にある。花は径1〜1.5cm。
果実は楕円形〜卵状楕円形、長さ3〜4cm。表面に梨の様な褐色の斑点があります。
分布は本州(紀伊半島、山口県)四国、九州〜沖縄。開花は5〜6月。

2008.4.12


2008.4.12

2008.4.27



2012.9.9

2006.7.2


国頭村 2016.9.9

トップへ戻る

inserted by FC2 system