シマニシキソウ(島錦草)

トウダイグサ科 ニシキソウ属
Chamaesyce hirta


荒地、草地、路傍で見かける1年生草本。全株に荒毛がある。茎は多少分岐し、枝は斜上して高さ、20〜40cmで赤色〜紫色を帯びる。 葉は対生、楕円状長楕円形、長さ1〜2.5cm、先は尖り、基部は不対称のくさび形、上面には通常紫色を帯びた雲紋がある。 花は葉腋に出来る集散花序に1mm位の小さな花を多数つける。室果は広卵形。
分布は関西以南。開花は周年。熱帯アメリカ原産の帰化植物。

恩納村 2011.11.26

花は葉腋に出来る集散花序に1mm位の小さな花を多数つける。
恩納村 2011.11.26


紅く色づいた葉に赤紫色の雲紋がみられ、葉も綺麗だ。
名護市 2008.11.8

トップへ戻る




inserted by FC2 system