シマキクシノブ 
 
シノブ科 キクシノブ属
Pachypleuria vestita


山中の湿った木や岩に着生する常緑性のシダ植物。根茎は長く匍匐し、まばらに分岐し、褐色〜濃い褐色の麟片を密につける。 葉はまばらに出て15〜20cm。葉柄は細く、葉身と同長、又はやや長く15cm位。まばらに毛をつける。 葉身は三角状長楕円形、2回羽状〜3回羽状深裂。最下羽片が最大。胞子嚢群は裂片の辺縁に、鋸歯ごとにつく。

2012.9.16 

 

 

羽軸と小羽軸には狭い翼がある。
 



トップへ戻る




inserted by FC2 system