シマイワカガミ(島岩鏡)
別名:シマイワウチワ

イワウメ科 イワウチワ属
Shortia rotundifolia

山地の崖面の湿った岩上に生える常緑の多年生草本。根茎は地中や岩上を横走し、長さ4〜6cmに達する。
葉は短い地上径から放射状に10〜20枚を出し、卵形〜円形、薄革質、長さ2.5〜6.5cm、幅は2〜5.2cm、円頭、微鋸歯縁、両面無毛で光沢があります。
やや長めの花茎の先に淡紅白色の花を1個、花冠は鐘形で5裂し、浅い鋸歯がある。種子は楕円形で長さ0.8mm。
分布は沖縄島北部、石垣島、西表島。


沖縄本島 (上) 2007.9.29 (右) 2013.7.14


2005.8.14
2005.8.14

茎や萼片の色がが赤っぽいのもありました。
2005.8.14

白くて可愛い花が咲きますが、まだ見ていません。葉は薄く光沢がありました。
2003.4.26
トップへ戻る



inserted by FC2 system