シマエンジュ(島槐)

マメ科 イヌエンジュ属 
Maackia tashiroi

海岸近くの林に生える高さ1〜3mの落葉低木。若い枝は軟毛を伏す。
葉は奇数羽状複葉、5〜7対、互生、全縁、小葉は長さ3〜5cm、長楕円形〜楕円状、裏面や葉柄に短毛が多少生える。裏面で網状脈がが隆起する。
花序は頂生し、1〜4に分枝、各総状花序は長さ2〜12cm、褐色の短毛を密生する。花は淡黄色で長さ7〜8mm。 果実は褐色で裂開せず楕円形〜卵形、長さ2〜4cm。
分布は紀伊半島、四国南部、九州南部〜沖縄諸島。開花は6〜7月。

沖縄島内  2019.7.7

沖縄島内  2019.7.7

トップへ戻る



inserted by FC2 system