シマアケボノソウ(島曙草)

リンドウ科 センブリ属  
Swertia makinoane


林縁、林下のやや湿った所や岩上に生える1年〜越年草。高さは30〜50cm。葉は広楕円形で対性。 沖縄本島でみるヘツカリンドウの様な葉をしているが、茎はそれより太く、花も径2.5cmと大きい。 白い花冠に濃紫色の模様が入り華やかで美しい。

西表島 07.2.17  



株全体はこんな感じです。葉も大きくヘツカリンドウとは全然違う印象を受けます。



この日見た場所ではやや遅いかと思われたが、
花つきの良い株もあり上部で咲き終わっても
下部の方で綺麗な花が咲いていたりしていました。
ヘツカリンドウの花は色変りが多数だが
こちらは花の模様は1種類の様です。
2012.2.5

2012.2.5

トップへ戻る

inserted by FC2 system