シイノキカズラ(椎の木蔓)

マメ科 トクフジ属
、 Derris trifoliata

海岸や河口付近の林内にみられる常緑のつる性藤本。蔓は木質化して長さ3〜8m位になる。 葉は奇数羽状複葉、小葉は3〜5枚、薄い革質で光沢があり長楕円状卵形、先は鋭く尖り、長さは4〜13cmと変化に富む。 花は腋生し、長さ10cm程度のの総状〜円錐花序につき、淡紅色〜白色の花をつける。
莢果は広楕円形で長さ3〜5cm、4〜5個連なって出来る。
分布は南西諸島(沖縄各島)開花は6〜8月。


西表島 2012.2.7

西表島 2011.9.9

シイノキカズラの花は蔓の途中から花茎を出し花序をつけて花を咲かせる事が分かりました。
やはり葉は離れた所にしか有りました。
うるま市 2013.7.3
(左)国頭村 2016.9.30 (右)名護市 2016.10.17



トップへ戻る





inserted by FC2 system