セイバンナスビ(生蕃茄子)

ナス科 ナス属
Solanum torvum.

林縁、道端、荒れ地に生える亜低木で、高さは1〜3m、全株に星状毛を密生し、枝には短い刺がある。
葉は5cm程度の葉柄があり、互生する。葉身は卵形〜卵状長楕円形、長さ8〜20cm、幅3〜10cm、先は鋭く尖り、縁は大きく波状になる。 花は白色で節間から出る集散花序に多数つく。花冠は5裂し、径2.5〜3cm。
腋果は球形で径6〜8mm、黄熟する。 分布は沖縄各島、台湾で熱帯アジアからの帰化。

北中城村 2013.4.3

石垣島 2014.3.21


果実はこの後黄熟する。
読谷村 2015.7.28


トップへ戻る



inserted by FC2 system