サザンカ(山茶花)

ツバキ科 ツバキ属
Camellia sasanqua

山地樹林内に生える常緑小高木。樹皮は平滑で灰白色。1年枝は細く有毛。幹は直立して高さ3〜10m。 葉は互生し、革質で楕円形〜長楕円状卵形、先は尖り縁は微鋸歯がある。葉柄は長さ2〜5mmで有毛。枝先に白色の美しい花を咲かせます。 果実は球形で有毛、外果皮は木質。
開花は10〜2月。分布は九州南部〜奄美、徳之島、沖縄。

国頭村 2013.12.9

やんばるの山中ではヒメサザンカやヤブツバキ等は良く花を見る事が
あり ますが、サザンカの花にあったのは初めてでした。
歩いていたときに足元に一輪花が落ちていて、ヒメサザンカより花が大きく、
上を見上げたら遠くに白い花が見えました。
この木の高さは10mは有ったと思うが首が痛くなるの我慢して望遠で
見上げて写しました。
国頭村 2012.1.21



こちらは樹高3m位、目の前で写せた。
国頭村 2012.11.13

国頭村 2012.11.13
トップへ戻る

inserted by FC2 system