リュウキュウツワブキ(琉球石蕗)
 
キク科 ツワブキ属

Farfugium japonicum var. luchuense

山地の渓流沿いに生える多年草。基本種のツワブキと比べると葉の基部はくさび形で葉身は幅が様々な扇形である。 渓岸に近い所に生えている物ほど葉の基部の幅が狭くなり、水の影響の少ない所に行くほど幅は広くなり、連続的に 基本種のツワブキの葉の形に変化する。奄美、沖縄島の固有種。

2005.11.27
西表島 2007.2.18

左側にはナガバハグマが生えている。
国頭村 2012.11.6

トップへ戻る

inserted by FC2 system