リュウキュウツルウメモドキ(琉球蔓梅擬)

ニシキギ科 ツルウメモドキ属
Celastrusl kusanoi

林縁に生える無毛の落葉藤本。小枝は褐色または紫色を帯びる褐色で白色の皮目が著しい。
葉は洋紙質で卵円形〜広楕円形、長さ7〜11cm、幅6〜8cm、縁は粗い鋸歯がある。
花は葉腋に集散花序を作り4〜5個、花柄は長さ1.5cm、萼は5裂、淡緑色の花弁は5個。
室果は球形、長さ1cm位で黄熟し、仮種皮は橙赤色。 分布は奄美、徳之島〜沖縄。 開花は3〜4月。


大宜味村 2016.4.30



大宜味村 2016.4.30



国頭村 2016.8.14

(左)大宜味村 2016.11.26  (右)国頭村 2017.3.17

雌花 大宜味村 2017.4.21

雌花 国頭村 2017.10.31

トップへ戻る



inserted by FC2 system