リュウキュウツルコウジ(琉球蔓柑子)

サクラソウ科(←ヤブコウジ科) ヤブコウジ属 
pusilla var. liukiuensis

山地の樹の下に生える匍ふく性の小低木。
高さは10〜30cm位。地上径は斜上して高さ5〜10cm、赤褐色の長軟毛を密生する。
葉は互生し卵形〜卵状長楕円形、長さ2〜6cm、幅1.5〜4cm、先はやや尖り、縁は粗い鋸歯があり、両面に長軟毛がある。
花は枝の鱗片葉の腋に単生し、長さ2〜3cmの花柄の先に集散花序を作り2〜4個下向きに咲く。花冠は白色で、径6〜7mm、 先は5裂し、裂片は広卵形、腺点がある。 核果は球形で径5〜6mm。
分布は沖縄。本州以西に分布するツルコウジの変種とされている。開花は5〜7月。

(左)2010.1.10 (右)2007.12.1

花と蕾
2007.8.19(左) 2009.6.27(右)
国頭村 2017.7.3

トップへ戻る


inserted by FC2 system