リュウキュウチク(琉球竹)

イネ科 メダケ属
Pleioblastus linearis

山地、林縁に生える高さ3〜5mの低木。根茎は横走し地下茎から稈を直立させる。枝は各節から数本出て、竹の 皮は稈を包んだまま宿存する。葉鞘は平滑無毛。芽は各節より1〜5個で分岐が多い。
葉は小枝の先端に4〜9枚出て広披針形〜線状披針形、長さ4〜28cm、幅4〜25mm、両面ともに無毛又は中央部以下に短毛がある。 花序は葉のある枝先に総状に出る。分布は九州大隅半島以南〜沖縄各島。


国頭村 2017.1.10

国頭村 2017.1.10


トップへ戻る



inserted by FC2 system