リュウキュウコケリンドウ(琉球苔竜胆)

リンドウ科 ハギカズラ属
Gentiana squarrosa var. liukiuensis

海岸の隆起サンゴ礁の岩上に生える2年草。コウライシバの中に見られました。コケリンドウの変種とされている。 草丈は3〜5cm。根出葉はロゼット状に3〜5個つき、長楕円形〜卵形で、長さ5〜13mm、幅3〜5mmm。茎葉は卵形〜狭卵形で無柄。 花は筒状鐘形で、淡青色、長さ約5mm、先は5裂する。萼は花冠とほぼ同長。刮ハは花冠と同長か、少ししか突き出ない。
  分布は鹿児島県〜沖縄県。開花は3〜4月。

沖縄本島内 2016.4.24 

撮影時間が午後4時を回っていたので花が閉じる寸前でした。機会をみて綺麗な開花を撮りたい。
沖縄本島内 2016.4.24 

トップへ戻る



inserted by FC2 system