リュウキュウヒモラン

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属
Lycopodium sieboldii var. christensenianum Tagawa


山地の樹の幹上、岩等に着生し下垂する常緑のシダ。茎は細く紐状で束生し基部で3〜4回分岐し長さは20〜50cm。
葉は麟片状で密生し茎に圧着し、下部の2/3は茎と合着し、鋭頭で背面は突出。胞子嚢穂は頂生し、ひも状で、長さ5〜15mm。
リュウキュウヒモランは茎の基部近くの葉が針状で開出し、ヒモランの変種として取り扱われている。


2010.8.14

2013.1.16


2013.1.16

10.8.14

2005.2月

トップへ戻る





inserted by FC2 system