リュウキュウハイノキ  (琉球灰の木)

ハイノキ科 ハイノキ属
Symplocos okinawensis


山地の樹林下でみられる常緑の小高木。
幹は直立して高さ5m位になる。2年枝は紫褐色で無毛、1年枝は褐色の粗毛を密生し、 ビロード状になる。
葉は互生で短い柄を持ち、小さく4〜6cm、薄い革質で光沢があり、辺縁には浅い鋸歯がある。
葉腋に集散花序を作り、白い1cmの小さな花を数個つけます。

2007.10.27 

国頭村 2013.9.25 



国頭村 2013.9.25 

国頭村(左) 2013.10.17 (右)2013.12.10


トップへ戻る




inserted by FC2 system