リュウキュウガキ(琉球柿)

カキノキ科 カキノキ属
Diospyros maritima

沖縄本島では主に石灰岩の地域でみられる高さ5〜10mの常緑の亜高木。樹皮は平滑で黒褐色。葉は楕円形で長さ5〜17cm、 幅3〜9cmで革質。先が尖ります。葉の両面共に無毛で上面は光沢があります。雄花は葉腋にある短梗上に1〜3個つけ、殆ど無柄、 雌花の萼片は著しく反曲します。偏球形で橙色に熟した果実は食べられません。魚毒として使われた様です。

2012.6.30


花は乳白色。楕円形の葉は艶があり、先が尖ります。

2012.7.4

かなりの年輪を感じる大木。(左)
(左)2012.6.30 (右)2013.12.11

西表で見たのは実が目の高さでした。
西表島 2012.2.5
トップへ戻る



inserted by FC2 system