リュウキュウボタンヅル(琉球牡丹蔓)    
リュウキュウボタンヅル(琉球牡丹蔓)  

キンポウゲ科 センニンソウ属
Clematis taiwaniana var. ryukyuensis


日当たりの良い平地、道端、民家の周りなどでみられるつる性の低木。蔦の長さは3〜10mになる。
葉は対生で3出、小葉はやや膜質、卵形〜広卵形、先は尖り基部は広いくさび形で往々3裂し、更に小さく切れ込む。
花序は腋生の葉を伴う集散状円錐花序で径1.5cmの白色〜淡乳白色の花を多数咲かせます。
痩果は卵形で開出毛がある。

宜野湾市 2004.6.20

うるま市 2013.8.17
トップへ戻る

inserted by FC2 system