オオシマコバンノキ(大島小判の木)
タカサゴコバンノキ

トウダイグサ科 オオシマコバンノキ属
Breynia officinalis

海岸や隆起珊瑚礁の上に育つ高さ1.5〜4mの常緑の低木。無毛。小枝は2列に配列する。
葉は互生、膜質で楕円形〜卵状楕円形、長さ1〜3cm、先は丸く、上面は緑色、下面は灰白色。
花は極めて小形で淡緑色、径1mm程度、葉腋につき、短い柄をもつ。
果実は球形、径5mm、淡紅色〜紅色に熟する。 分布は沖縄県各島、台湾、南中国。

本部町 2006.9.3

本部町 2006.9.3

与那国 2013.12.17

那覇市 2015.9.1





那覇市 2015.9.1


トップへ戻る

inserted by FC2 system