オオニンジンボク

クマツヅラ科 ハマゴウ属
Vitex quinata

平地や山地林縁に生える高さ8〜13mの常緑高木。 葉は掌状の5出複葉、小葉は有柄で卵状長楕円形、長さ9〜11cm、幅3〜3.5cm。先は鋭く尖る。縁は微鋸歯縁〜全縁。
枝先に長さ10cm程度の円錐花序をつくり、淡黄色の花を多数咲かせる。
果実は球形で径約6mm、黒熟する。 分布は石垣島、西表島。

石垣市 2013.5.28

葉は掌状の5出複葉で頂小葉がが最大。
石垣市 2013.5.28

果実は球形で径約6mm、黒熟する。2013年よりも接近した場所で見事な果実が見られました。
石垣市 2015.7.30

トップへ戻る

inserted by FC2 system