オオカラスウリ(大烏瓜)

ウリ科 カラスウリ属
Trichosanthes bracteata



低地の林縁に生える大型の多年草蔓性植物。茎は葉と対性する巻きひげで他の植物に巻きついて長さ5〜8mになる。
葉は心形〜腎状心形で8〜15cm、表面には短剛毛を密生しザラザラし、縁は5〜7裂する。
雄花序は長さ30cm、包は倒卵形で長さ12〜15mm、歯牙縁。花は夕方から咲き始め、翌日の昼頃に閉じる。果実は楕円状球形、朱赤に熟する。 雌雄異株。分布は南九州以南〜沖縄各島。開花は8〜12月。

大宜見村 10.9.26



大宜見村 10.9.26

国頭村 10.10.31


沖縄市 2016.11.15


トップへ戻る

inserted by FC2 system