オオハシゴシダ

ヒメシダ科 ヒメシダ属
Thelypteris angulariloba

山地林下に生える常緑性のシダ。根茎は太く、短く横走か斜上し、葉を叢生する。麟片は根茎にまばらにつき、やや密に毛がある。 葉柄はわら色かやや赤褐色、基部は暗褐色で長い白い毛に覆われる。
葉身は広披針形、鋭尖頭、胞子嚢群を付けない葉はつける葉より やや小さい。羽片は羽軸近くまで深く切れ込み、基部は心形で短い柄がある。胞子嚢群は裂片のやや中肋近くにつく。

国頭村 2012.8.14

胞子嚢群は裂片のやや中肋近くにつくと図鑑にはあるが、これはやや辺縁寄りだった。
国頭村 2012.8.14



羽片の間隔が詰まってついていた。
羽軸や葉裏全面には白い毛が多い。

2012.3.24



国頭村 2013.6.1-2

葉柄基部には開出する白毛が多い。
国頭村 2013.9.18

トップへ戻る

inserted by FC2 system