オオハマボウ(大浜朴)

アオイ科 フヨウ属
 Hibiscus tiliaceus L. 別名 ユウナ

南西諸島の海岸に生える常緑高木で高さは4〜12m。枝は分岐が多く、樹皮はせんい質。
葉は円心形、長さ10〜15cm、先は尖り、基部は心形、表面は緑色、無毛で光沢があり、下面は短い星状毛があり、灰白色。
花は葉腋に単生し長い花柄を有し、花冠は黄色で基部は暗紫色、夕方には赤紫色に変色する一日花。種子は腎形、長さ4mm。 分布は屋久島、種子島以南。
海岸の防風や防潮林公園や街路樹に用いられています。良く似るサキシマハマボウとは葉や果実の形状が違う。

名護市 2013.11.30

 
名護市(左)2005.8.13 (右) 2013.11.30

名護市 (左)2013.11.30 (右)2014.1.8

糸満市 2014.1.8

名護市 2013.11.30

トップへ戻る



inserted by FC2 system