オオバイヌビワ (大葉犬枇杷) 

クワ科 イチジク属
 Ficus septica


海岸近くや石灰岩の山、山地林縁等で見かける常緑の高木。全株無毛。
幹は灰白色で平滑、高さは15〜25m。
葉は互生、大きな倒卵形〜楕円形で白い葉脈がよく目立つ。
果嚢は腋生で扁平でややいびつな球形。隆起した縦条があり、緑褐色。
分布は喜界、奄美〜沖縄、台湾、東南アジア、オーストラリア等。

2012.6.23

2012.6.23

小さいがちゃんと実が付いていました。2008.1.6
大宜味村 2008.1.6

国頭村 2019.6.17

トップへ戻る

inserted by FC2 system