オキナワウラジロイチゴ(沖縄裏白苺)
ホザキイチゴ

バラ科 キイチゴ属
Rubus utchinensis Koidz  



山地の林縁や尾根に見られる常緑つる性低木で長さは0.5〜3m。
ホウロクイチゴ とクワノハイチゴ の雑種とみなされている。
株全体に褐色の毛が密生する。葉は単葉で互生、革質で卵形〜卵円形、鋸歯縁、長さ6〜12cm、 ほぼ無分裂か浅く3裂、葉裏はホウロクイチゴに似て淡褐色の綿毛が密生する。
花は頂生の散房花序にクワノハイチゴと似た白色。 分布は沖縄島北部 (沖縄島の固有種)開花は3〜5月

国頭村 2012.6.17

国頭村 2017.9.10





国頭村 2018.5.5

トップへ戻る

inserted by FC2 system