オキナワウラジロイチゴ (沖縄裏白苺) 
ホザキイチゴ

バラ科 キチゴ属
Rubus utchinensis

山地の林縁や尾根に生える半蔓性の低木。ホウロクイチゴクワノハイチゴの雑種とみられている。
全株は始め淡褐色の綿毛を密布し、刺がある。葉はホウロクイチゴに似て裏に白っぽい毛があるがやや小型で卵形〜卵円形で長さ4.5〜8cm、 鈍頭、基部は心形〜切形、不揃いの鋸歯縁。
総状花序は枝先に付き花は白色で多数つく。 分布は沖縄島北部で稀にみられる。開花は3〜5月。

国頭村 2012.6.17

葉はやや厚く、ほぼ不分裂か浅く3裂。裏は淡褐色の綿毛が密生し細脈はやや隆起する。
国頭村 2012.6.17

国頭村 2017.9.10

トップへ戻る


inserted by FC2 system