オキナワキジノオ

オシダ科 ヘツカシダ属
Bolbitis appendiculata

山地樹林下の渓流の岩上や崖等に生える常緑性のシダ。根茎は短く横走し、鱗片は淡褐色、卵状披針形。 葉は二形で栄養葉では葉柄は長さ5〜13cm、わら色で疎らに黒褐色の鱗片をつける。
葉面は単羽状、線状披針形、長さ15〜30cm、 先は尖り、時たま先端に無性芽をつける事がある。
羽片は10〜30対でほとんど無柄、少し湾曲した線状頂楕円形、鈍頭、基部は切型で 前側に耳があり、長さ2.5〜5cm、辺縁のやや凹んだ所に1本の刺がある。
中軸は細く両側に狭い翼がある。葉脈は遊離し結合しない。 胞子葉は葉柄が長く、単羽状で羽片は8〜15対、楕円形〜長楕円形、円頭、ソーラスは裏面一杯につく。 分布は奄美以南〜沖縄。

国頭村 2016.8.24

葉面は単羽状、線状披針形、長さ15〜30cm、 先は尖る。羽片は10〜30対でほとんど無柄、中軸は細く両側に狭い翼がある。
国頭村 2016.8.24

羽片は少し湾曲した線状頂楕円形、基部は切型、 前側に耳があり、辺縁のやや凹んだ所に1本の刺がある。
葉脈は2〜3岐し、結合しない。辺縁の極近くまで伸びる。
国頭村 2016.8.24

トップへ戻る


inserted by FC2 system