オキナワムヨウラン(沖縄無葉蘭)

ラン科 ムヨウラン属  
Lecanorchis triloba


山地の常緑広葉樹林下に生える無葉の腐生ラン。草丈は15〜50cmで茎は黒く光沢があります。花は茎に頂生する総状花序に数個つき、 1個ずつ開花する。花弁は淡褐色で半開、唇弁は白色で3裂、内側に白いひげ毛を密生する。萼片も同じ位の長さ。室果は線状長楕円形。

撮影したこの花は全長さ43cmあり、これに似たシラヒゲムヨウランに比べると大分大きく、茎も硬かったです。
花冠中央にある白い毛はあまり多くは花弁からはみ出さず、丸く乗っている様に見えました。なかなか花に会えず
やっと会えた1本だけの個体です。花期ははっきりせず、順序良く咲き、咲き終わると硬い室果に変わって行く様です。
石垣島 2013.5.28

石垣島 2013.5.28



西表島 07.2.17  

トップへ戻る

inserted by FC2 system