オキナワヤマコウバシ((沖縄山香ばし)
オキナワコウバシ

クスノキ科 クロモジ属
Lindera communis var. okinawensis

低地〜山地の石灰岩地域、又は非石灰岩に生える常緑亜高木。
若い枝には伏毛があるが、成長後無毛となる。 葉は互生、倒披針形状楕円形で先は尖り、基部はくさび形、全縁、長さ4〜8cm、葉の下面は灰白色で側脈が隆起する。
花は傘形花序で総花梗は長さ2〜3cm、小花梗は長さ2mm、花冠は淡黄緑色。丸い液果は黒紫色に熟する。
分布は沖縄島、石垣島。開花は1〜2月。

うるま市 2015.2.6

うるま市 2015.2.6

うるま市 2015.2.6

うるま市 2015.2.6

うるま市 2016.1.29

うるま市 2016.1.29

トップへ戻る

inserted by FC2 system