オキナワシタキヅル(沖縄舌切蔓)(オキナワシタキソウ)

ガガイモ科 シタキソウ属  
Stephanotis lutchuensis Koidz.

山地の樹木に絡まって伸びる大きな常緑の藤本。茎の長さは8〜12m。小枝は枝先付近を除いて無毛。
葉は卵状楕円形〜楕円状長楕円形で長さ10cm内外、先は鋭く尖り、全縁、上面は無毛又は中肋に微毛があり、下面は淡色で脈上に微毛を散生するほかは無毛。
花は葉腋に散房花序を作り3〜10個の白い花を咲かせる。顎は5深裂、花冠は白色で径2.5cm、5裂する。
骨突(果実)は2個で180°に開き、被針状長楕円形、先は細く尖り、長さ14cm程度。種子は扁平で狭卵形、長さ1.3cm。種髪は長さ3cm。
分布は南日本〜奄美、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島。花期は周年?

国頭村 2008.5.18 


国頭村 2008.5.18 


骨突(果実)は2個で180°に開き、被針状長楕円形。
伊平屋島 2013.11.19 

伊平屋島 2014.2.8 

この時期が一番花が多く、葉も茂り蔓が長く伸びていました。
伊平屋島 2014.4.28 

種子がはじけていたが、その側で花も見られました。
伊平屋島 2014.11.26 

トップへ戻る





inserted by FC2 system