オキナワサルトリイバラ(沖縄猿捕り茨)

(サルトリイバラ科(←ユリ科) サルトリイバラ属(←シオデ属)
Smilax china var.kuru


山地の林縁でみられる無棘又は殆ど無棘の蔓性低木。茎は平滑で無毛、疎に分岐する。
葉は薄い革質で短柄があり、長さ4〜10cm、卵形〜卵円形で7〜20mmの短い柄があり、葉柄の中間あたりから2本の巻きひげを出して 他の物に巻きつく。
葉腋から散形花序を出し、多数の花をつけ、花被片は長楕円形で淡黄色で反り返る。雄蕊は6個。
花は雌雄異株。果実は球形で赤熟する。分布は沖永良部〜沖縄。開花は12月〜3月 。

国頭村2012.3.8

2012.3.8

2012.5.23



国頭村 2017.1.10

雄花 国頭村 2017.3.17



トップへ戻る

inserted by FC2 system