オキナワヒメウツギ(沖縄姫空木)

ユキノシタ科 ウツギ属
Deutzia naseana var. amanoi

日当たりの良い石灰岩の崖に生える落葉低木。高さは1〜1.5m。枝は対生。葉は対生し、卵円形で長さ1〜3cm、円頭〜鈍頭、 星状毛があり、微鋸歯縁。花は頂生する総状花序に3〜9個、白色で径1.5〜2cm、花弁は5個。雄しべは10個で花糸に翼がみられる。 基本種のオオシマウツギは花序に花が25〜30個葉は長さ3cm以上ある。
開花は4〜5月、分布は沖縄県。

 2016.4.24

花後。萼片は5個、3〜4個の花柱がみられた。
 2016.4.24

花弁は5個、花糸に翼がみられる。

 2016.4.24

 2016.4.24


トップへ戻る



inserted by FC2 system