オジギソウ (お辞儀草)
 
マメ科
Mimosa pudica L.

陽当たりの良い原野に生える亜低木状草本。茎は分岐し、長さ1m、少数の刺と多数の反曲した刺毛がある。 葉は2回羽状複葉で、羽状葉は通常4個、各葉柄の先端に掌状につく。日中は開いていますが、ちょっと触ると羽を閉じるようにひっつきます。そのせいでネムリグサと別名がついたようで。 子供の頃よくさわって遊んだ事を覚えています。夏から秋にかけて、小さな球状で径1cmのピンクの花が咲きます。別名 ネムリグサ


莢果は扁平で多数。多少曲がり長さ1〜2cm、1種子。
2014.11.22
トップへ戻る


inserted by FC2 system