ヌリトラノオ

チャセンシダ科 タヤセンシダ属
Asplenium normale




山林の湿った岩上や樹木の幹の窪み等に生える常緑性のシダ。
長さ10〜15cmの葉柄の先に単羽状の葉をつける。
葉身は披針形〜線状披針形。先端に向けてしだいに狭くなる。
葉柄、中軸ともに暗紫褐色。中軸の先端に芽を出す事がある。

国頭村 12.3月


羽片は40対に達し、開出して付き、無柄、三角状長楕円形で円頭、
辺縁は1/3まで切れ込み基部は切り形。後ろ側で狭いくさび形、前側に耳がある。


胞子嚢群は線形〜長楕円形


トップへ戻る



inserted by FC2 system