ヌカボシクリハラン (糠星栗葉蘭)

ウラボシ科 ヌカボシクリハラン属
Microsorium buergerianum

林道や低地、暖地の樹幹や岩上に生える常緑の多年草シダ。根茎は経2〜4mm、長く伸び、疎らに葉をつけ、密に麟片をつける。 葉柄は長さ3〜10cm、狭い翼がある。葉身は単葉で披針形〜狭披針形、長さ1−〜30cm全縁〜わずかに波状縁、紙質で両面とも無毛、 葉脈は網目模様。
胞子嚢群は円形、葉の下面にやや不規則に散在する。
分布は関東南部以西の暖地〜沖縄、石垣、西表。

国頭村 2009.5.31

国頭村 2014.12.14

国頭村 2016.4.1



トップへ戻る




inserted by FC2 system