ノコギリヘラシダ(鋸箆羊歯)


イワデンダ科 オオシケシダ属
Deparia ×tomitaroanum

山中の林床や沢沿いの岩等に見られる常緑性のシダ。根茎は長く這い茶褐色の麟篇を持つ。 葉柄は針金状。葉身はヘラシダに似るけれど縁が切れ込んでいて、下部に行くほど深く切れ込む。 胞子嚢群は裂片の中肋の両側に並び、中肋よりやや離れ辺縁近くに達する。
ナチシケシダとヘラシダとの雑種。

(左)西表島 12.2.6  (右)国頭村 2013.3.17

西表島 12.2.6

ヘラシダの群落の中や側に生える事が多いが、ヘラシダは細く這う根茎で群落が広がりやすいのに比べて、 ノコギリヘラシダは
それほど速くはないので、離れたところに誕生しても巻きこまれてしまうのかもしれませんね。(光田重幸先生より)
 2012.11.3

 2012.11.3




トップへ戻る





inserted by FC2 system