ネジバナ(捩花)

ラン科 ネジバナ属
Spiranthes sinensis var. amoena

日当たりの良い草地に生える草丈10〜40cmの多年草。根は数個紡錘状に肥厚する。葉は2〜5個の根出葉と少数の鱗片葉がある。 根出葉は斜上し、広線形、長さ5〜20cm、幅3〜10mm。花は淡紅色でらせん状にねじれた総状花序につく。花茎、苞、がく片は有毛。 唇弁は白色で縁に細歯芽があり、先は反り返る。
分布は北海道〜沖縄。花期は6〜7月。

国頭村 2011.7.16

沖縄に自生するナンゴクネジバナは花期が3〜5月であり、本種はそれより暫く後で開花する。
又ナンゴクネジバナには毛が無いのも違いである。
国頭村 2011.7.16

国頭村 2016.6.10

トップへ戻る


inserted by FC2 system