ナンゴクネジバナ  (南国捩花)

ラン科 ネジバナ属
Spiranthes sinensis var. sinensis

日当たりのよい道路の脇や草むらに咲く多年生草本。高さは20〜50cmで地下に3〜4本の白色の紡錘根がある。葉は広い線形、 長柄があり、長さ5〜15cm、幅4〜13mm、3〜5脈あり、中肋は凹む。花茎は花序と共に10〜30cmで、茎頂にねじれた穂状花序多数の淡紅色〜白色の花をつける。 最近見かけるネジバナとの違いは子房、萼片は無毛である事。
分布はトカラ列島以南〜沖縄。開花は3〜5月。

恩納村 2007.3.17

葉は広い線形、 長柄があり、長さ5〜15cm、幅4〜13mm、中肋は凹む。
 久米島 2009.3.20

国頭村 (左)2012.3.25 (右)2012.3.28

inserted by FC2 system