ナンバンホラゴケ(南蛮洞苔)

コケシノブ科 ホソバホラゴケ属
Abrodictyum obscurum var. siamense

山地の渓流沿いや湿った岩壁の泥の溜まった場所に生える小型のシダ。オニホラゴケの変種で同様の環境に生える。 根茎は短く這い、葉柄は1.5〜2cm、で上部に翼がある。
葉身は卵状三角形〜卵状長楕円形、2〜3回に分岐し、最下羽片が大きい。 葉面の長さは3〜5cm、幅2.5〜4cm、各軸にも翼がみられる。
ソーラスは裂片に頂生し、包膜はコップ状で唇部は多少とも反転する。分布は西表島。


西表島 2015.2.15

最下羽片はやや離れてつく。ソーラスは裂片に頂生し、長い胞子膿床がみられる。
西表島 2015.2.15

泥のついた岩壁に生える事が多い。根茎の長さや径については未確認。
西表島 2015.2.15

西表島 2015.2.15

葉面の長さ3cmの個体。ソーラスは裂片に頂生し、包膜はコップ状で唇部は多少とも反転する。
西表島 2015.2.15


トップへ戻る



inserted by FC2 system