ナンバンギセル(南蛮煙管)

ハマウツボ科 ナンバンギセル属
 Aeginetia indica  




1年生草 ススキ、ミョウガ等の根に寄生する。
茎は地中にあって短く、葉は燐片状に退化。 
葉の脇から数本の花茎を伸ばし、花を横向きにつける。
室果は卵球形で長さ1〜1.5cm、内部に多数の微小な種子を有する。
筒状の花と花柄の形が、南蛮人の煙管(パイプ)にそっくりな事から
この名前がついた。


名護市 06.10.29

国頭村2014.12.10


名護市 06.10.29 (左)  西表島 10.6.5 (右)

大宜見村 10.10.31
トップへ戻る

inserted by FC2 system