ナガエコミカンソウ(長柄小蜜柑草)

トウダイグサ科 コミカンソウ属
Phyllanthus tenellus


草地や荒地道端で見かける1年草。高さ10〜80cm。無毛。
葉は互生で楕円形、短い柄があり、裏面は白味を帯びる。
花は雌雄異花で花被片は淡黄色。葉腋から短柄を出して
淡黄色の花を咲かせる。 果実は花より長い柄を持ち、葉の上に
出る。コミカンソウと比べると花も実も柄が長い
アフリカ、マスカレーヌ諸島が原産の帰化。

名護市 06.10.15
 

 石垣島 2013.5.28

 

トップへ戻る



inserted by FC2 system