ナカハラクロキ(中原黒木)

ハイノキ科 ハイノキ属 
Symplocos nakaharae  



日当たりの良い山地に生える常緑の小高木。
全株無毛。樹皮は帯黒色で平滑、1年枝は太く
黄緑色で明確な稜がみられる。
葉は倒卵状楕円形〜楕円形〜長楕円形、長さ
3〜8cm、革質で先が尖り、中肋は両面に突き出る
葉腋の集散花序に白い花を密につける。
花冠は淡黄白色で径8mm程度。
別名リュウキュウクロキ




(左、右上、右下)恩納村 2007.12.22


名護市 2016.1.15


トップへ戻る


inserted by FC2 system