タネガシマムヨウラン(種子島無葉蘭)

ラン科 タネガシマムヨウラン属
 Aphyllorchis montana


山地林下に生える無葉の腐生ランで全株無毛。根は多肉質で多少水平に広がる。 地下から茎(花茎)を垂直に出し、高さ40〜80cm。茎には紫色の小線が入り、鞘状で広卵形の鱗片葉はやや茎を抱く。 総状花序に10〜20個花をつけ、花は水平に開出します。花弁は淡黄色で萼片の外側には紫班があります。
分布は九州(大隅、高隈山、種子島)沖縄各島。開花は9〜12月。

久しぶりに出かけた所で丁度咲いてる所に会いました。他に種のついたのも2株確認。  09.11.22



この株は時々行くやんばるの渓流に行く途中で
突然の様に一株だけ咲いていました。
色がいつものと違います。
濃い紫の模様が花に付いていません。
白化品だそうです。色が金色にみえてとても綺麗でした。。 07.9.29



2003.12.20


経過をみました。蕾から全部開花するのに約1ケ月はかかりそうです。

06.12.9

06.12.17

07.1.2

07.1.13

久しぶりに白化タイプを見ました。
2013.9.15


国頭村2014.9.27

国頭村2014.9.27

国頭村2014.9.27

名護市2014.9.25



国頭村 2015.9.5

(左、中)5本も茎が上り咲き始めだったので、暫く楽しめると思ったが、20日足らずで花が終わってしまった。(右)白化品。
国頭村 2016.9.2

inserted by FC2 system