ムッチャガラ

モチノキ科 モチノキ属
 Ilex maximowicziana Loesn.var.mutchagara


山地の林内、林縁に生える常緑の小高木で、高さは2〜5m。
葉身は革質で倒披針形〜楕円状長楕円形、基部はくさび形で先は鈍く尖る。葉柄は長さ3〜6mm。
各枝に1〜3個白い小さな花を咲かせます。雌雄異株。果実は球形で黒く熟します。
ナガバイヌツゲの変種で、石垣、西表島、与那国島に産するナガバイヌツゲ より葉が小さく、葉柄も短い。沖縄の方言がそのまま和名になっています。

国頭村 2012.11.6


雄花  国頭村 2012.11.6


葉は革質で長さ4〜5cm、表面は光沢があり、裏面は腺点を布き、葉脈が目立たない。
国頭村 2012.11.6





トップへ戻る





inserted by FC2 system